プロフィール

Johan Clementヨハン・クレメントは 1955 年 8 月 20 日、ベルギーのアントワープにてオランダ人の父とベルギー人

の母との間に生まれる。ヨハンが 10 歳のときに、両親と共にオランダに引っ越す。

1982 年よりベルギージャズの発展に大いに貢献したベーシスト、ロジェ・ヴァンハーフェルベイク

(Roger Vanhaverbeke/1930-2011)率いる New Look Trio のピアニストとして活躍。

Toots Thielemans, Art Farmer, Sal Nistico, Johnny Griffin, Clark Terry, Ed Thigpen,

Lou Tabackin, Scott Hamilton, George Fame, Mark Murphy, Jerome Richardson, Dave Pike,

Benny Bailey, Deborah Brown, Harry Allen, Madeline Bell, Peter King, Rita Reys, Jean

Francois Prins, Judy Niemack, Philippe Catherine, Ali Ryerson, Slide Hampton などをはじめと

する国内外の数多くのアーチストと共演。また、The Golden Gate Quartet, The Platters, さらに

BRT Orchestra の一員としてベルギー、オランダのラジオや TV などのメディアにも出演。

New Look Trio のオリジナルメンバーは Roger Vanhaverbeke (b), Freddie Rottier (ds), Johan

Clement (p)であったが、ドラマーのフレディの没後 1995 年より Luc Vanden Bosch が新たに加わっ

た。さらにロジェが 2011 年に病没したため、トゥーツ・シールマンスのサイドマンとしても有名な

Bart De Nolf をベーシストに迎え、2012 年より New Look Trio は名前を Trio Johan Clement と変

え、新たなるシーンへと歩みだした。

またヨハンはアントワープ音楽院(1988)、レーウワールデン音楽院(1989)、フローニンゲン音楽院

(1990-1993)でも教鞭をとり、1989 年より現在までロッテルダム音楽院(CODARTS)Jazz 科の教授

を務めている。

数多くの国外アーチストのほか、オランダ、ベルギーのほとんどのジャズミュージシャンと共演しており、

なかでもオランダのジャズ番組、TROS セッションでのスコットハミルトンとの共演が有名。オランダ

最大ジャズフェスティバルであるノースシージャズフェスティバルやバーレーン、カンヌ、ブリュッセル

などのジャズフェスティバルなどにも出演。ベネルックスだけではなく、ドイツ、イギリス、フランス、

スイス、中東、アフリカ、インド、日本などでもツアーや演奏活動を行っている。

最新 CD “Some Other Time”のほか、23 枚の CD をリリースしている。